つらい足の痛み【アキレス腱炎】について

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです!

 

本日のテーマはアキレス腱炎について解説していきます

 

歩くと踵が痛い

踵周辺が腫れているいる

このような場合は、アキレス腱炎の症状かもしれません。

以下にアキレス腱炎の特徴を書いていきますので

ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

アキレス腱炎とは?

アキレス腱炎とは、反復された負担によりアキレス腱に炎症が起こり

痛みが生じたものをさします。

アキレス腱炎の原因?

 

走る、歩く、ジャンプするなどの繰り返し足にかかる負担が原因になりやすい

マラソン、バスケ、サッカーのスポーツをしている人になりやすい傾向がある

 

また、スポーツをしていなくても40代になることも多く

その原因は加齢によるものと考えられています。

 

 

アキレス腱炎の所見?

歩く、走る、ジャンプをする動作がつらくなります

 

痛みを感じる場所は大きく2箇所に分けられます

1つめは、踵の上あたり、アキレス腱の付着部、

2つめはアキレス腱の中央部です。

 

踵の上を押したり、アキレス腱の中央部をつまんだりすると痛みがあり

腫れがあるケースもあったりします。

 

 

治療期間

軽症の場合では3週間程度

重症例では3ヶ月や半年も症状が長引くことも珍しくありません

 

セルフケア

アキレス腱炎になってしまった場合、セルフケアとして

ふくらはぎの筋肉を伸ばすようなストレッチが有効です。

やり方は、段差につま先をかけます。この時、踵は段差から浮いている状態になります。

10秒かけて踵を床方向へ落としてアキレス腱にストレッチを加えていきます。

 

これを5回を1セットとして、1日2~3セット行うと効果的です。

 

 

パッションの施術提案

当院ではアキレス腱炎でお悩みの方に以下の様な施術方を提案して

早期の回復を目指します。

それぞれの施術の特徴について↓

 

ゆがみ矯正

ゆたみを矯正することによりアキレス腱にかかる負担を軽減する効果が期待出来ます。

特に骨盤と肩甲骨が非対称であることで、アキレス腱にかかる負担が増加してしまいます。

 

マッサージ

硬くなったふくらはぎの筋肉や、太ももの筋肉をほぐすことでアキレス腱の柔軟性が良くなりアキレス腱にかかる負担を軽減させます。

 

また、マッサージは血行を良くする効果がありますので、痛めたアキレス腱の修復を助ける効果があります!

テーピング

テーピングをはることで、アキレス腱の負担を軽減し、損傷を予防することができます

 

また、痛みを軽減する効果もあるので、テーイングを併用すると効果的です!

放置して悪化してしまうと?

アキレス腱炎を放置しると、最悪アキレス腱の断裂につながることがあります。

アキレス腱が断裂してしまうと、手術になり、仕事を休まなくてはいけなくなります。

 

そして、アキレス腱の断裂は、繰り返しやすい傾向があります。

 

 

 

もし、アキレス腱炎になってお困りでしたら

まずは、大和市鍼灸接骨院パッションへお電話、公式LINEにて

ご予約、ご相談おまちしております!

 

 

 

 

あなたの肩こりはどこから?

これを見ているあなた、肩こりに悩んでいませんか?

どこにいっても良くならないと嘆いていませんか?

そうなってしまう原因はたった一つ!

その肩こりが何が原因となって発生したかが分かってないからです!!

肩こりは肩がこってるだけではない!?

 

 

皆さんが肩こりと呼んでいるものは、

何がどうなっているか知っていますか?

そうです、肩の筋肉の血行不良です。

ここまでは皆さん聞いたことがあるでしょう。

では、なぜ血行不良から痛みが起こるかご存知ですか?

痛みの原因は?

肩がこる原因は、

➀血行不良 ②筋肉の硬さ ③骨格のゆがみ

この3つの要素が互いに干渉し合いながら痛みを発生させています。

デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続けば血行不良になりますし、

良くない姿勢で何かをしていれば骨格はゆがみ、筋肉も硬くなります。

それがさらに血行不良を悪化させ、緊張した筋肉に神経や血管は圧迫され

痛みが発生するわけです。

解消するには?

前述したとおり、3つの要素が干渉し合っていますので、

どれか一つだけ改善しても、またすぐに悪化してしまいます。

ですので、1度にこの3要素すべてにアプローチしていく必要があります。

全身の筋肉を緩め、骨格のバランスを整え、

元に戻りにくい状態を作ることで、日々を痛み無く過ごせる様になるわけです。

 

そのために、パッションでは

【筋膜×骨盤×肩甲骨×神経血管調整】のすべてを網羅した

SP整体をご用意しております!

 

今までいろいろ治療を受けてみたが良くならない、

回復はしたけどすぐにまた痛くなってしまう。

そんな悩みを抱えてきた方は

是非1度当院の施術を受けてみてください!

 

痛みの根本を理解し、多角的にアプローチ!

痛みを気にせず毎日を過ごせるように

お手伝いさせていただきます。

【足関節捻挫】階段で足を踏み外して負傷したケースの施術報告

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

 

本日は足関節捻挫の施術報告をしていきます。

 

足関節捻挫の状態

足の状態をチェックすると、

外くるぶしの前方向から真下にかけて中等度の腫れがあり

圧痛、熱感も著明にある状態でした。

 

加重をかけることも困難で引きずって歩いていました

 

靱帯テストは陰性で不安定性は-

足関節捻挫の軽度~中等度の損傷と判断して施術を開始。

 

足関節捻挫の施術方法とは?

捻挫の施術の流れは以下のようになっていきます。

アイシング

マッサージ

テーピング

生活管理・アドバイス

って感じです。では、解説していきます。

アイシングを行います!

 

アイシングのやり方は、氷水やアイスノンを炎症がある部位に当てて冷やすことです。

約10分位を目安にあてます。

これを1日に3回くらい行う事で痛みの軽減につながります。

 

アイシングはいつまでやればいいのか?

だいたいケガをしてから3日後までやるのが目安になります。

マッサージ

マッサージの目的は、ケガによって生じた腫れやむくみを軽減させる効果があります

やり方は、足先から膝の方向へ軽く圧をかけながらさすっていくようなイメージです。

決して強く行わずに、痛みがでないように行います。

 

テーピング

痛めた足首を守り、損傷を拡大させない目的で行います。

テープの巻き方は損傷の程度によって変わりますが、

代表的なものとしては

フィギュアエイトやヒールロック、スターアップを組み合わせます。

 

テープを巻くと痛みが軽減して歩きやすくなりますので、痛みが強い場合には積極的にやっていきます。

生活管理・アドバイス

足関節捻挫の回復には、約3週間ほどかかります。

原則スポーツは、過度な労働は禁止になります。

ケガから3日間はご自宅でもアイシングを行って頂き、入浴は避けて、シャワーで済ませてもらいます

 

ケガから1週間から2週間は負担をなるべく掛けないようにしてもらい、3週間目以降は動きをつけていくようにしていきます。

 

関節や筋肉が固まってしまわないように徐々に従来の状態にもどしていかないといけません。

 

足関節捻挫は初期治療が大切!後遺症を残さない為に早めの治療が必要です。

足関節捻挫は初期治療が大切です。

腫れを最小限に抑えることで回復が早まり、

後遺症も少なくてすみます。

 

反対に、負担をかけたり放っておくと時間が経っても痛みが続いたり腫れが残ったり、後遺症が強く残ってしまう恐れもあります

 

足関節捻挫でお困りの方、痛みが改善しなくて悩んでいる方は

まずは、鍼灸接骨院パッションへご相談ください。

 

電話やLINEでもご相談、ご予約できます

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでなるの?ぎっくり腰!!

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです!

今日はぎっくり腰ってなんなの?なんでなるの?

そんな患者様達からの疑問にお答えしていこうと思います。

ぎっくり腰とは?

 

世間的には腰に急な痛みが走った際、

『ぎっくり腰になった』と言われますが、

その痛み、

じつは種類があることを知っていましたか?

ぎっくり腰には、

『筋肉が壊れたもの』と『筋肉がつってるもの』

の2種類があるんです!

 

 

そしてこの二つは初期治療でやらなきゃいけないことが180度違います。

片方は患部の安静、もう片方は患部の血流促進や運動・ストレッチなど、です。

この違いが分からずにそれぞれ反対のことをしていても、

一向に回復しないどころか、痛みの感覚のせいで余計に筋肉は緊張して

しまったり、緊張した筋肉のせいでカラダが歪んだりと踏んだり蹴ったりです。

またカラダが歪むことでさらに悪化していく悪循環をたどってしまいます。

そもそもなんでなるの?

 

根本的な原因はひとそれぞれです。

食事・睡眠・運動・姿勢・精神状態、このいずれかが少しずつ、

もしくは大きく崩れた時、

筋肉が硬くなる・カラダがゆがむ・痛みが出る(順不同)

この負のスパイラルが始まってしまうのです。

 

この状態の時は、普段に比べて筋肉の許容量が極端に少なくなっていますので、

日常生活動作のような、何でもないことで負荷に耐えられなくなってしまい、

筋肉が壊れたり・つったりしてしまうということです。

 

でも、生活はなかなか変えられない。。。どうしたら良いの!?

 

 

 

ぎっくり腰が何かは分かった、原因も理解できた、

でも、今の生活リズムや仕事の内容・環境は今すぐには変えられない!

 

 

 

そんなときは、まずカラダのゆがみを直し固まった筋肉をほぐすことです!

前述したようなスパイラルに陥ると、痛みからくる負の感情のせいで

どんどん悪化してしまいます。

また、カラダが回復に向かい、気持ちのうえでも上向きになっていくことで

今度は『負のスパイラルから、正のスパイラルへ変換出来る可能性があります。

なのでまずは自分のカラダが、筋肉が、ゆがみが、

どんな状態なのかをしっかりと把握することが大切になってきます。

これを読んで、今すぐ出来ること!

 

 

ぎっくり腰でお悩みの方、

ぎっくり腰になりそうな気がしている方、

いますぐ当院にご連絡ください!!

あなたの痛みの原因を根本から理解し、

改善するための第一歩としてお手伝い致します!

痛みを忘れ、晴々とした1日を一緒に取り戻しましょう🌟

 

健康の要素!

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです!

今日は健康とはどういう状態を言うのかということを、独自の目線で紐解いていこうと思います!

 

『健康ってなに?』

そう聞かれると即答できる人はなかなか居ないと思います。

少し関心のある方なら、食事・睡眠・運動の3要素が頭をよぎるのではないでしょうか?

普段、『健康でいたい』と口にする方ですら深く考えた事は少ないでしょう。

 

この3要素は間違いではありません。

むしろ大正解なのですが、これでは足りないと考えています!

では、何が必要か?ズバリ!!

食事・睡眠・運動・姿勢・メンタル

この5つの要素こそがカラダを健康たらしめる秘訣です。

姿勢とメンタル?

姿勢とは、立っている時・座っている時・寝ている時・仕事の最中  etc…

生活の関わる全ての姿勢についてです。

いずれかのタイミングで姿勢が崩れた時、それを支えている筋肉もバランスが崩れ

緊張が強くなる事で血行不良に陥り、痛みを発します。

何をどうしたら良いのか分からないまま使い続けていると、強ばった筋肉が

関節の位置を制限しカラダ全体が歪んでいってしまうのです。

 

メンタルとは、精神状態のこと。

『病は気から』の言葉があるように、悪い精神状態は身体を蝕みます。

怒りや悲しみが強く表に出すぎると、自律神経の乱れを起こし

カラダが正常に機能しなくなってしまいます。

また、これには姿勢の悪さから痛みに誘発されて起こるもの含まれます。

と、いうことは?

食事・睡眠・運動に加えて、姿勢とメンタルも整えるためには、

コリ固まった筋肉をほぐし、キレイな姿勢をとるための土台を作る必要があるのです。

この際、筋肉や姿勢が原因で出ていた痛みと共に乱れていた自律神経も整い、

より良い生活が送れるということになります。

SP整体(全身調整)

当院独自のSP整体では、骨盤と肩甲骨に着目した運動療法も交えた特別な施術で

カラダ全体のコリと歪みを整えることができます。

肩こり・腰痛、どこに行ってもダメだったその痛み、

ぜひ1度ご来院ください!!

鍼灸接骨院パッションの感染症対策

鍼灸接骨院パッションのコロナ感染症対策

鍼灸接骨院パッションでは公益社団法人全国柔整鍼灸協会から発行している、

施術所における新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに沿って対応しています。

施術者・スタッフの感染予防対策として

1、デルタ株等のウイルス変異株の拡大を踏まえて、日常から石鹸と流水による手洗いを徹底し

手洗い場をはじめとする入り口や受付、休憩場所にアルコール等の手指消毒液を設定して

ます。

2、トイレではペーパータオルや個人用のタオルを使用し、共有のタオルは使用禁止にしてます

3、鼻水や唾液のついたゴミについては、ビニール袋に入れて密閉しています、ゴミ回収の際に

は、マスクや手袋を着用しています、作業後は必ず石鹸と流水での手洗いを行っています。

4、休憩スペース・食事のスペース・禁煙のスペース・施術スペース・問診場所のスペースなど

人が集まるところには下記の様に、注意喚起をして徹底してます。

#食事・喫煙等の休憩室・休息室では間隔を2メートルを目安に、最低1メートル正面

から確保して一定数の人数は同時にスペース内に入らない様に、収容人数の決めて、

施術者・スタッフに混雑時間を避ける様に、時間の分散を図っています、

#食事・着替え・喫煙等でマスクをしていない一定の時間があるときは、会話を控え、

どうしても会話する際は、面倒でもマスクを着用してもらえる様にしています。

#休憩スペースは常に換気をして、空気の滞留がない様にしています

#共有する物品(テーブル、椅子、施術用のベット等)定期的なアルコール消毒を徹底してま

す。

#入退室前後には、手指のアルコール消毒や喉のうがいを徹底してます。

#往診で使う車両をつかい移動する場合にも、正しいマスクの着用、換気等徹底しています

#施術前後に患者さまへ、水分補給、感染症対策の報告と理解に努め、気持ちよく施術が

行えていけるように徹底してます。

#施術方法や施術部位等により、マスクなしで施術する事は一切しない、必ずマスクは着用

する様に、徹底してます。患者さんに説明が簡単にできる様に、当院ではオリジナルの

説明用のボード等のツールを用意して、なるべく声を張り出さずに説明し、患者さまの

ご理解を得てます。

#感染リスクが高まる場面として、①飲食えお伴う懇親会 ②大人数や長時間に及ぶ飲食

③マスクなしでの会話 ④狭い空間での共同生活 ⑤居場所の切り替わりが挙げられます

が、鍼灸接骨院パッションでは、上記の①〜④までは禁止してます、⑤に関しては気の緩み

から、感染リスクが高まると認識してますので、徹底的に注意換気を怠ることのない様に

していますので、安心してください。

上記のステカーを院内掲示して患者様に、注意喚起してます。

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸接骨院パッションではその他いろいろな、新型コロナウイルス感染対策を実施してます

ので、安心してください。

今後も患者さま・大和市の地域の皆さまにとって、貢献していける鍼灸接骨院パッションで

あり続けたいとおもっております、宜しくお願い致します。

 

【ぎっくり腰】反らすのができない腰痛の施術・経過報告

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

 

3月中旬、仕事の忙しさや環境の変化により体調を崩しやすい時期です、

十分な休息をとることを意識しましょう。

 

今回は、ギックリ腰の施術報告をしていきます。

 

【症例】30代の男性。寝起きのギックリ腰で来院

昨日、朝布団から起き上がった際に、グキッとやってしまったとのこと。

1日安静にしていたが痛みが良くならなかった為に当院を受診。

 

既往歴としては、慢性的な腰痛持ちで2年に1度ギックリ腰を経験している。

痛めた際は、安静にして自然に痛みが引くのを待っているとのことでした。

 

ギックリ腰の所見について

痛みは腰の中央で左右差は特になし。

前屈や中腰で痛みは-、腰を反らすと症状が悪化。反らす動作は困難な状態でした。

炎症の所見は-。

殿部や下肢のしびれは-。

 

問診や動作検査の結果

筋膜由来のギックリ腰と判断して施術することに

 

ギックリ腰の施術内容

腰を反らすことが困難な為、うつぶせは出来ないtど判断して

座った状態で施術開始

 

筋肉の緊張を調べると、

腰方形筋の硬さに明確な左右差が見られました。圧痛は右側につよく側屈も右に倒すことが請願されていました。

 

なので、腰方形筋の筋膜リリースを実施。

ぐぐぐっと押して伸ばして、、、

多少の痛みは我慢してもらいコリをとっていきます。

 

では、動かしてみてください。

あっ!さっきより右に倒しやすい、側屈の左右差が減ったことを実感。

 

続いて、前屈方向から軽度伸展方向へ動きの範囲を広げる為に

腰背筋膜を施術していきます。

 

ぐぐぐっと指圧して、患者様に動いてもらい固まった筋肉を伸ばしていきます。

 

くぅーいててって感じで伸ばします。

 

この痛みは、筋膜のコリを取っていく上では、多少でてしまいます!

 

施術後の感想

反らすことが困難だった状態から、少し動ける様になりました。

痛みは8から4まで下がり、歩行のスピードもUP。

 

完全伸展はまだ出来ないために、初回は座位と横向きで終了として後日、予約をお取りしました。

 

 

【交通事故】バイクと自転車の接触事故

こんにちは鍼灸接骨院パッションです。

 

今回は交通事故施術の事例を紹介していきます。

 

事故日は、2月某日。

 

買い物帰りに自転車で走行中、路地から飛び出してきたバイクと接触!

 

バイクの後輪と自転車の前輪が衝突した際に、思いっきりブレーキを掛けたとのことでした。

 

転倒はしなかったが、数時間後に腕の痛みと肩の痛みがでてきました。

思いっきりブレーキを握ったことで、肩と腕の筋肉を痛めてしまいました。

 

触診を行った結果、腕の筋肉を痛めていると判断し施術を実施。

 

施術内容は、

前腕の筋肉と肩甲骨周辺の筋肉のマッサージを行い血行を促進し、

肘関節と手関節のストレッチを行い可動域を向上させるように行いました!

 

その結果

腕の痛みが徐々に軽くなり、物を持つkとが楽になったとのこと。

 

現在も施術を継続しつつ、通院しています。

 

大和市にお住まいの方で、交通事故による痛みでお困りの方は

 

鍼灸接骨院パッションへまずは、ご相談下さい!

 

 

 

 

【悩み】骨盤がずれる感じがするとの事で来院。30代、女性

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

 

今回は骨盤がずれるとのことで当院にご来院した人の改善例を報告いたします。

 

2月中旬にご来された30代の女性のお話です。

この方のお悩みは、

座っている時に、骨盤を後傾するときに骨盤がずれる感じがする」

 

ってことでした、、、

 

症状が出始めたのは1月中旬。ほおっておけば治るんでは?ってことで様子を見ていたそうです。

 

が、しかし症状は変わらない。

 

骨盤がずれる感じ、、、

 

 

問診と動作検査の行った結果は

腰の筋肉が右だけ硬くなっていました。

 

この硬くなっている筋肉をマッサージやストレッチ、矯正をすることで筋肉のバランスを整えた結果

 

骨盤のずれる感じが半減!

 

まだ、動作によっては症状が残るので継続で調整を続けている感じです。

 

 

 

【年末年始のお知らせ】

■年末年始の営業日は下記のようになります。

最終日、12月29日(水) 9時~12時

12月30日(木)~1月4日(火)は休診日

年始、1月5日(水)  9時~17時30分

となりますのでご注意くださいませ。

 

 

 

 

 

お問合せはこちら|大和市・大和鍼灸接骨院パッション

LIN予約受付中! 電話番号0462596059