10月は交通事故が増える!?交通事故の被害に遭わないために気をつけること。

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

10月から年末にかけて交通事故が増加する傾向にあります。

 

当院でも交通事故治療を行っていますが、事故の患者様が年末にかけて増える傾向があります。

 

 

本日は、事故の被害に遭わないために気をつけることを紹介していきます、

もちろん、自分が気をつけていても相手側が気をつけていと被害に遭ってしまうことは避けられませんが、

少しでも被害者になる可能性を減らせることには間違いないことと思っています。

事故のケガは一生ものになってしまうことも多いです。被害に遭わないためにも気をつけるべきことをご紹介していきます。

 

10月は夕暮れ時に要注意

秋は夕暮れの時間が夏と比べて早くなっていきます、地域によっては午後の5時くらいには薄暗くなっています!

 

ヘッドライトをつけていない自動車もあり、交差点や薄暗い路地は危険な場所がひそんでおります。

 

交通事故の件数は10月から年末にかけてピークに達していきます!

交通事故を防ぐ為のチェック事項

  • 時間に余裕をもって行動する
  • 早めのヘッドライト点灯
  • 十分な睡眠時間の確保
  • イライラしない為のストレス対策

以上を心掛けて行動するようにしましょう!

 

もし、交通事故に遭ってしまったら

  1. 警察へ連絡を行う
  2. 相手の保険加入状況を確認する
  3. 事故状況と人身事故で処理してもらう
  4. その場で示談交渉を行わない
  5. 接骨院で治療ができる
  6. 接骨院と病院の併用、転院は自由

 

大和市で交通事故に遭ってしまった際には、

鍼灸接骨院パッションへご相談ください。

事故患者様を年間100名治療している実績があります。

治療以外にも、保険会社の手続き方法や、弁護士の紹介などトータルサポートいたします。

 

まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/10㈪祝日診療のお知らせ

10/10(月)祝日は

9:00~22:00

で営業致します。

 

肩こり・腰痛・骨盤のゆがみでお困りの方

まずは、ご相談ください。ご連絡お待しております。

【交通事故】同乗者のケガも自賠責保険の対象になります。

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

 

交通事故の被害に遭われた際に運転手は自賠責保険が適応になることは、多くの方がご存知かと思います。

 

実は、運転手でなくても自賠責保険を利用してケガの治療を受けられるケースがあるんです。

 

それは、同乗者です。同乗者は乗っていたでけでケガを負わされたという立場に該当します。

そのため、同乗者は被害者となり自賠責保険が適応になります。

 

意外と知らない人が多いのではないでしょうか?

 

自賠責保険が適応になることで補償されるものは

  1. 治療費・・・リハビリ、レントゲン、お薬代
  2. 交通費・・・駐車場代、ガソリン代、タクシー代
  3. 慰謝料・・・1日通院あたり4300円
  4. 休業補償・・・事故が原因でお仕事を休む場合

が補償されます。自己負担が発生しないために安心して治療に専念することができます。

 

同乗者だから治療が受けられないとあきらめる必要はありません。

自己負担がかかることで、多少の痛みを放置してしまう人もいたりします。

 

正しい知識を知っていることで安心して治療が受けられるケースが数多くあります。

もし、事故に合われてしまい不安があるなら、当院へご相談くださいませ。

 

お電話、公式LINEでご予約、ご相談お待しております!

 

9/23(金)祝日診療のお知らせ

9/23(金)祝日は

9:00~22:00

で営業致します。

 

肩こり・腰痛・骨盤のゆがみでお困りの方

まずは、ご相談ください。ご連絡お待しております。

交通事故の被害に遭わないための対策・注意点

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

今回は交通事故の被害を減らすための対策・注意点について解説していきます。

 

ところで、8月は交通事故の件数が増えることを知っていますか?

8月はお盆や夏休みがあるので、帰省や海水浴、山へのレジャーの機会が増えます。必然的に普段より車の移動が多くなり、長距離を運転も出てくるでしょう。普段とは異なった状況の運転で疲れが出やすく注意力も低下することで、事故を起こす恐れが高くなります。

 

 

交通事故を防ぐためチェック項目4つ

・昨夜は、十分な睡眠がとれましたか?

睡眠時間が不足すると、注意力や集中力の低下につながります。長距離の運転をすると分かっている際には、早めに休んで十分な睡眠時間を確保しましょう!

睡眠時間の目安は7~8時間です。

 

・昨夜のお酒が残っていませんか?

前日のアルコールはほどほどにしておきましょう。

お酒を摂取すると、睡眠の質が低下しまう。

翌日に影響がでないように、適量を守りましょう。

 

・運転開始後、2時間に1回は休憩をとっていますか?

車の運転は案外集中力が必要なものです。

歩行者に注意したり、車間距離、交差点などで意識を働かせているんです。

人の集中力は短いもので適度な休憩が必要です。

2時間に1度は休憩をとってリフレッシュさせましょう。

 

・イライラしていたり、疲れはありませんか?

運転する際には、気分も重陽です。

とくにイライラした状態での運転は要注意です。

スピードを上げすぎたり、車間距離が不十分になりやすくなります。

イライラを解消するのも大事ですが、そもそもイライラしない環境を

普段から作ることが大切です。

 

 

もし交通事故に遭ってしまったら?手順を解説

・あわてずに警察へ連絡する

・相手の連絡先を確認する( )

・事故状況と目撃者の確認をする

・当院へ連絡をする

 

*その場で示談交渉は行わず必ず警察を呼びましょう

 

事故に遭ってしまったら、落ちついて行動することです。

費用や補償を正しく受ける為にも事故についての知識が必要です。

 

もし、わからない事がありましたら当院へご覧楽ください。

 

無料相談も受け付けています。

 

 

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩の原因と対処法

皆さんが四十肩・五十肩と呼んでいる症状、

実は俗称で医学用語では「肩関節周囲炎」または「凍結肩」と言います!

その名の通り、肩関節の周囲のどこかに炎症が起きている、

また、炎症後の拘縮(関節や筋が固まる)で動かなくなったものを言います。

肩関節周囲炎

この名称もまた少しざっくりとしたもので、実際はインナーマッスルが炎症を起こしている

腱板炎や、関節が外れないようにしている関節包が炎症する関節包炎、

力こぶを作る筋肉である上腕二頭筋の腱が炎症を起こす上腕二頭筋腱炎など、

傷つき炎症を起こした場所により症状名も異なります。

 

凍結肩

これは四十肩・五十肩を起こした後、正しい治療が行われずにいたり、

または放置されたものの内、自力でも他力でも一定の範囲から関節が動かなくなって

しまったものを指します。文字通り凍結したように動かないと言うことです。

四十肩・五十肩で炎症が起きた肩の組織はしっかりと回復させないと、

肥厚(分厚くなる)して固まったり、骨組織にいたっては変形をしてしまったりし、

肩を動かそうとしたときにそれらが邪魔をして動かせなくなってしまいます。

こうなってしまうとスポーツや仕事どころではなく、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

対処法

まず、四十肩・五十肩は段階的に回復します。

急性期・慢性期・回復期と状態によってやるべき事やってはいけない事が180度変わってきます。

急性期は基本的に安静と消炎、慢性期から関節が固まらないように状態をみながら、徐々に関節の可動域を広げていくためのトレーニングを行っていきます。

この安静と運動のタイミングの見極めこそが、この症状の肝と言っても良いでしょう。

ちまたでよく、「四十肩は1年も2年も治らない」とか「治ったと思ったらまたすぐなった」、などの話しを聞くのは、自己判断でこのタイミングを無視しているために起こっていることがほとんどです。

 

パッションでは最適なタイミングで最良の治療をお届け致します。                  現在、肩の痛みでお悩みの方は少しでも早くご連絡ください!                           治療初めは、早ければ早いほど全体の治療日数も少なく、回復の完成度も高くなります!

ぜひ一度当院に足をお運びください。

 

つらい足の痛み【アキレス腱炎】について

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです!

 

本日のテーマはアキレス腱炎について解説していきます

 

歩くと踵が痛い

踵周辺が腫れているいる

このような場合は、アキレス腱炎の症状かもしれません。

以下にアキレス腱炎の特徴を書いていきますので

ぜひ、参考にしてみてください!

 

 

アキレス腱炎とは?

アキレス腱炎とは、反復された負担によりアキレス腱に炎症が起こり

痛みが生じたものをさします。

アキレス腱炎の原因?

 

走る、歩く、ジャンプするなどの繰り返し足にかかる負担が原因になりやすい

マラソン、バスケ、サッカーのスポーツをしている人になりやすい傾向がある

 

また、スポーツをしていなくても40代になることも多く

その原因は加齢によるものと考えられています。

 

 

アキレス腱炎の所見?

歩く、走る、ジャンプをする動作がつらくなります

 

痛みを感じる場所は大きく2箇所に分けられます

1つめは、踵の上あたり、アキレス腱の付着部、

2つめはアキレス腱の中央部です。

 

踵の上を押したり、アキレス腱の中央部をつまんだりすると痛みがあり

腫れがあるケースもあったりします。

 

 

治療期間

軽症の場合では3週間程度

重症例では3ヶ月や半年も症状が長引くことも珍しくありません

 

セルフケア

アキレス腱炎になってしまった場合、セルフケアとして

ふくらはぎの筋肉を伸ばすようなストレッチが有効です。

やり方は、段差につま先をかけます。この時、踵は段差から浮いている状態になります。

10秒かけて踵を床方向へ落としてアキレス腱にストレッチを加えていきます。

 

これを5回を1セットとして、1日2~3セット行うと効果的です。

 

 

パッションの施術提案

当院ではアキレス腱炎でお悩みの方に以下の様な施術方を提案して

早期の回復を目指します。

それぞれの施術の特徴について↓

 

ゆがみ矯正

ゆたみを矯正することによりアキレス腱にかかる負担を軽減する効果が期待出来ます。

特に骨盤と肩甲骨が非対称であることで、アキレス腱にかかる負担が増加してしまいます。

 

マッサージ

硬くなったふくらはぎの筋肉や、太ももの筋肉をほぐすことでアキレス腱の柔軟性が良くなりアキレス腱にかかる負担を軽減させます。

 

また、マッサージは血行を良くする効果がありますので、痛めたアキレス腱の修復を助ける効果があります!

テーピング

テーピングをはることで、アキレス腱の負担を軽減し、損傷を予防することができます

 

また、痛みを軽減する効果もあるので、テーイングを併用すると効果的です!

放置して悪化してしまうと?

アキレス腱炎を放置しると、最悪アキレス腱の断裂につながることがあります。

アキレス腱が断裂してしまうと、手術になり、仕事を休まなくてはいけなくなります。

 

そして、アキレス腱の断裂は、繰り返しやすい傾向があります。

 

 

 

もし、アキレス腱炎になってお困りでしたら

まずは、大和市鍼灸接骨院パッションへお電話、公式LINEにて

ご予約、ご相談おまちしております!

 

 

 

 

あなたの肩こりはどこから?

これを見ているあなた、肩こりに悩んでいませんか?

どこにいっても良くならないと嘆いていませんか?

そうなってしまう原因はたった一つ!

その肩こりが何が原因となって発生したかが分かってないからです!!

肩こりは肩がこってるだけではない!?

 

 

皆さんが肩こりと呼んでいるものは、

何がどうなっているか知っていますか?

そうです、肩の筋肉の血行不良です。

ここまでは皆さん聞いたことがあるでしょう。

では、なぜ血行不良から痛みが起こるかご存知ですか?

痛みの原因は?

肩がこる原因は、

➀血行不良 ②筋肉の硬さ ③骨格のゆがみ

この3つの要素が互いに干渉し合いながら痛みを発生させています。

デスクワークなどで同じ姿勢が長時間続けば血行不良になりますし、

良くない姿勢で何かをしていれば骨格はゆがみ、筋肉も硬くなります。

それがさらに血行不良を悪化させ、緊張した筋肉に神経や血管は圧迫され

痛みが発生するわけです。

解消するには?

前述したとおり、3つの要素が干渉し合っていますので、

どれか一つだけ改善しても、またすぐに悪化してしまいます。

ですので、1度にこの3要素すべてにアプローチしていく必要があります。

全身の筋肉を緩め、骨格のバランスを整え、

元に戻りにくい状態を作ることで、日々を痛み無く過ごせる様になるわけです。

 

そのために、パッションでは

【筋膜×骨盤×肩甲骨×神経血管調整】のすべてを網羅した

SP整体をご用意しております!

 

今までいろいろ治療を受けてみたが良くならない、

回復はしたけどすぐにまた痛くなってしまう。

そんな悩みを抱えてきた方は

是非1度当院の施術を受けてみてください!

 

痛みの根本を理解し、多角的にアプローチ!

痛みを気にせず毎日を過ごせるように

お手伝いさせていただきます。

【足関節捻挫】階段で足を踏み外して負傷したケースの施術報告

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです。

 

本日は足関節捻挫の施術報告をしていきます。

 

足関節捻挫の状態

足の状態をチェックすると、

外くるぶしの前方向から真下にかけて中等度の腫れがあり

圧痛、熱感も著明にある状態でした。

 

加重をかけることも困難で引きずって歩いていました

 

靱帯テストは陰性で不安定性は-

足関節捻挫の軽度~中等度の損傷と判断して施術を開始。

 

足関節捻挫の施術方法とは?

捻挫の施術の流れは以下のようになっていきます。

アイシング

マッサージ

テーピング

生活管理・アドバイス

って感じです。では、解説していきます。

アイシングを行います!

 

アイシングのやり方は、氷水やアイスノンを炎症がある部位に当てて冷やすことです。

約10分位を目安にあてます。

これを1日に3回くらい行う事で痛みの軽減につながります。

 

アイシングはいつまでやればいいのか?

だいたいケガをしてから3日後までやるのが目安になります。

マッサージ

マッサージの目的は、ケガによって生じた腫れやむくみを軽減させる効果があります

やり方は、足先から膝の方向へ軽く圧をかけながらさすっていくようなイメージです。

決して強く行わずに、痛みがでないように行います。

 

テーピング

痛めた足首を守り、損傷を拡大させない目的で行います。

テープの巻き方は損傷の程度によって変わりますが、

代表的なものとしては

フィギュアエイトやヒールロック、スターアップを組み合わせます。

 

テープを巻くと痛みが軽減して歩きやすくなりますので、痛みが強い場合には積極的にやっていきます。

生活管理・アドバイス

足関節捻挫の回復には、約3週間ほどかかります。

原則スポーツは、過度な労働は禁止になります。

ケガから3日間はご自宅でもアイシングを行って頂き、入浴は避けて、シャワーで済ませてもらいます

 

ケガから1週間から2週間は負担をなるべく掛けないようにしてもらい、3週間目以降は動きをつけていくようにしていきます。

 

関節や筋肉が固まってしまわないように徐々に従来の状態にもどしていかないといけません。

 

足関節捻挫は初期治療が大切!後遺症を残さない為に早めの治療が必要です。

足関節捻挫は初期治療が大切です。

腫れを最小限に抑えることで回復が早まり、

後遺症も少なくてすみます。

 

反対に、負担をかけたり放っておくと時間が経っても痛みが続いたり腫れが残ったり、後遺症が強く残ってしまう恐れもあります

 

足関節捻挫でお困りの方、痛みが改善しなくて悩んでいる方は

まずは、鍼灸接骨院パッションへご相談ください。

 

電話やLINEでもご相談、ご予約できます

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでなるの?ぎっくり腰!!

こんにちは、鍼灸接骨院パッションです!

今日はぎっくり腰ってなんなの?なんでなるの?

そんな患者様達からの疑問にお答えしていこうと思います。

ぎっくり腰とは?

 

世間的には腰に急な痛みが走った際、

『ぎっくり腰になった』と言われますが、

その痛み、

じつは種類があることを知っていましたか?

ぎっくり腰には、

『筋肉が壊れたもの』と『筋肉がつってるもの』

の2種類があるんです!

 

 

そしてこの二つは初期治療でやらなきゃいけないことが180度違います。

片方は患部の安静、もう片方は患部の血流促進や運動・ストレッチなど、です。

この違いが分からずにそれぞれ反対のことをしていても、

一向に回復しないどころか、痛みの感覚のせいで余計に筋肉は緊張して

しまったり、緊張した筋肉のせいでカラダが歪んだりと踏んだり蹴ったりです。

またカラダが歪むことでさらに悪化していく悪循環をたどってしまいます。

そもそもなんでなるの?

 

根本的な原因はひとそれぞれです。

食事・睡眠・運動・姿勢・精神状態、このいずれかが少しずつ、

もしくは大きく崩れた時、

筋肉が硬くなる・カラダがゆがむ・痛みが出る(順不同)

この負のスパイラルが始まってしまうのです。

 

この状態の時は、普段に比べて筋肉の許容量が極端に少なくなっていますので、

日常生活動作のような、何でもないことで負荷に耐えられなくなってしまい、

筋肉が壊れたり・つったりしてしまうということです。

 

でも、生活はなかなか変えられない。。。どうしたら良いの!?

 

 

 

ぎっくり腰が何かは分かった、原因も理解できた、

でも、今の生活リズムや仕事の内容・環境は今すぐには変えられない!

 

 

 

そんなときは、まずカラダのゆがみを直し固まった筋肉をほぐすことです!

前述したようなスパイラルに陥ると、痛みからくる負の感情のせいで

どんどん悪化してしまいます。

また、カラダが回復に向かい、気持ちのうえでも上向きになっていくことで

今度は『負のスパイラルから、正のスパイラルへ変換出来る可能性があります。

なのでまずは自分のカラダが、筋肉が、ゆがみが、

どんな状態なのかをしっかりと把握することが大切になってきます。

これを読んで、今すぐ出来ること!

 

 

ぎっくり腰でお悩みの方、

ぎっくり腰になりそうな気がしている方、

いますぐ当院にご連絡ください!!

あなたの痛みの原因を根本から理解し、

改善するための第一歩としてお手伝い致します!

痛みを忘れ、晴々とした1日を一緒に取り戻しましょう🌟

 

お問合せはこちら|大和市・大和鍼灸接骨院パッション

LIN予約受付中! 電話番号0462596059