推薦者のお声 | 大和市|大和鍼灸整骨院パッション

推薦者のお声

『駆け込み醫院 スーパードクター清水泰雄医師』
から推薦のお言葉をいただきました!

ツーショット写真

清水泰雄 医師

経歴

  • 昭和54年 昭和大学医学部卒業と同時に昭和大学病院 整形外科学教室に入局
  • 昭和55年 東京共済病院 整形外科
  • 昭和56年 日本鋼管病院 整形外科
  • 昭和59年 社会保険相模野病院 整形外科部長
  • 平成2年 清水整形外科醫院開業

専門分野

  • スポーツ整形外科
  • 膝関節疾患
  • 脊椎疾患

補足事項

漢方は、会保険相模野病院時代に関口武男先生に師事し、現在は、日本東洋医学会専門医である。 主に中医学の漢方である。

どんな治療をしても治らない患者さんの駆け込み寺になっている先生の紹介

私は、常に患者さんに寄り添い患者さん一人一人の症状に対して何とかしようと施術に立ち向かう鍼灸接骨院パッションの院長・宮腰 大輔先生に共感を覚えます。私と同様に、筋・筋膜のトリガーポイントに対しての施術を中心に情熱を燃やし、常に精進しているそんな施術家の一人である宮腰 大輔先生の鍼灸接骨院パッションを推薦します。

今後もより多くの患者さんに寄り添い、患者ファーストで施術することで多くの患者さんを救済し、社会貢献を果たしてください。

どんな治療をしても治らない患者さんの駆け込み寺になっている先生の紹介

私が是非紹介したい医師は、世田谷の奥沢で清水整形外科醫院を開業している院長・清水泰雄先生です。 清水泰雄医師は西洋医学の医師ですが、東洋医学の治療も取り入れることで物すごい成果を出し多くの患者さんを救っている地域医療にはなくてはならない存在です。

大抵の医師は痛みの原因を骨・骨膜・靱帯と決めつけて、レントゲンを撮ります しかし、ある程度の年齢になれば誰でも1つや2つの変形があるものですが、その部分に原因の理由をつけて痛み止め薬・注射・シップ・電気治療と言った対症療法に固持し続け、多くの患者難民をだしています。

しかし、清水泰雄医師は、これまでの医師とは全く違います。清水泰雄医師の言葉を引用しますと、 「西洋医学・東洋医学の治療なんて関係ない、患者さんの苦しみを治しきれるなら何でもする、副作用がなく効果があるなら何でもやってみる。」と、いつも清水泰雄医師は患者さんファーストを貫いています。

清水泰雄医師の治療3本柱はトリガーポイント注射・トリガーポイントテーピング・プラセンタ注射です。

3本柱の治療法を駆使して、痛みの真の原因である筋・筋膜のトリガーポイントに対して非常に高い治療効果を上げてます。 患者さんの症状・程度などを診て、ご自身の指針やエビデンスに則って治療法を考え、その一人一人の患者さんに合わせた治療法を提供し、長い間救われなかった多くの患者さんを救済し、現在もその治療活動を進めております。

その評判は、多くの情報誌に清水泰雄医師の掲載があり、今や遠い地域からも評判を聞きつけて多くの患者さんが来院されてます。清水泰雄医師がおこなっている社会貢献度は、計り知れません。 今回は、これまでに多くの患者さんを救ってきた、スーパードクターの清水泰雄医師から当院 鍼灸接骨院パッションについて推薦状をいただきました。

お問合せはこちら|大和市・大和鍼灸接骨院パッション

LIN予約受付中! 電話番号0462596059